アルバム紹介:Jamey Johnson - Living For A Song : A Tribute To Hank Cochran

Posted by ymk 2012/10/18 0 コメント


パッツィ・クラインが1961年に初めてカントリー・チャートのNo.1を獲得した名曲「I Fall To Pieces」等、主に60年代から70年代にかけて数々のヒット曲を生み出したナッシュビルのソングライターで、2010年にガンの為亡くなったハンク・コクランへのトリビュート・アルバム、ジェイミー・ジョンソンの「Living For A Song : A Tribute To Hank Cochran」をご紹介します。このアルバムは彼にとって5枚目となるスタジオ・フルアルバムで、今月16日にリリースされています。

ハンクが息を引き取る瞬間、ベッドサイドでハンクを見守りながらずっと歌を歌い続けていた、というジェイミー。ハンクの晩年においての親しい友人であり、仕事上の良きパートナーでもあった彼は、2008年・2010年と2枚のアルバムが連続でグラミーのベスト・カントリー・アルバムにノミネートされるほどの素晴らしい実力を持っているアーティストです。そんな彼の新たなオリジナルアルバムを待っているファンも多いと思いますが、今の彼にとっては、これがどうしても作りたかったアルバムである事には間違いありません。

収録曲はもちろん全てハンクが書き上げた名曲ばかりですが、とにかくゲスト・アーティストの凄い顔ぶれに驚ろかされてしまいます。アルバムには、彼の友人でもあり当時から一緒に仕事をしてきたマール・ハッガードやレイ・プライス、ウィリー・ネルソンを始め、ジョージ・ストレイト、ヴィンス・ギル、リー・アン・ウーマック等が参加、更にはハンクの大ファンで彼に曲を書いてもらった事もあるというエルヴィス・コステロやレオン・ラッセルというカントリー以外のアーティストまでもが名を連ねてます。ハンク・コクランという人物がいかに多くのアーティストに慕われていたか、後のアーティストに影響を与え続けてきたかが十分に理解できるほどの豪華メンバーです。



ハンクと親しかった友人のインタビュー等も交え、彼の一生をドキュメンタリータッチで描いた映画が今年の4月にナッシュビル・フィルム・フェスティバルにて公開されたのですが、アルバムのタイトル「Living For A Song」は、この映画と同じタイトルとなっています。映画の中でこのアルバムがサウンドトラックとして使用されているというわけではないようですが、ひとつの曲を生み出す事に一生を捧げた彼にぴったりなタイトルで、これを彼の代名詞的に扱っているのではないかと思います。ラストのアルバムタイトル曲は皆で歌おうといった感じで、ハンク自身の歌声も収録されています。


トラックリスト:
(カタカタ表記はオリジナル曲を歌った代表的なアーティストです)
1 Make the World Go Away (feat. Alison Krauss) 
 エデイ・アーノルド 1965年
2 I Fall to Pieces (feat. Merle Haggard) 
 パッツィ・クライン 1961年
3 A Way to Survive (feat. Vince Gill/Leon Russell)
 レイ・プライス 1966年
4 Don’t Touch Me (feat. Emmylou Harris)
 ジーニー・シーリー 1966年
5 You Wouldn’t Know Love (feat. Ray Price) 
 レイ・プライス 1969年/ジーニー・シーリー 1970年
6 I Don’t Do Windows(feat. Asleep at the Wheel) 
 ウィリー・ネルソン 1980年
7 She’ll Be Back (feat. Elvis Costello) 
 リー・アン・ウーマック 2002年
 * オリジナルタイトルは'He'll Be Back'
8 Would These Arms Be in Your Way 
 キース・ウィットリー 1988年
10 The Eagle (feat. George Strait) 
 ウェイロン・ジェニングス 1991年
11 A-11(feat. Ronnie Dunn) 
 バック・オーウェンス 1964年
12 I’d Fight the World(feat/ Bobby Bare) 
 ボビー・ベア/ジム・リーブス 1963年
13 Don’t You Ever Get Tired of Hurting Me (feat.Willie Nelson)
 レイ・プライス 1965年/ウィリー・ネルソン 1981年/ロニー・ミルサップ 1989年
14 This Ain’t My First Rodeo (feat. Lee Ann Womack) 
 バーン・ゴスディン 1990年
15 Love Makes a Fool of Us All (feat. Kris Kristofferson) 
 マール・ハッガード&ウィリー・ネルソン 1990年
16 Everything But You (feat. Vince Gill/Willie Nelson/Leon Russell) 
 ウィリー・ネルソン 2001年
17 Livin’ for a Song (feat. Hank Cochran/Merle Haggard/Kris Kristofferson/Willie Nelson) 

プロデューサー:Brian Wright





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 コメント:

コメントを投稿

新譜情報

  • 8/5 Sunny Sweeney - Provoked
  • 8/19 Chase Rice - Ignite The Night
  • 8/19 Joel Crouse - Even The River Runs
  • 8/19 Randy Travis - Influence Vol.2: The Man I Am
  • 8/19 Various - Nashville Outlaws: A Tribute To Motley Crue
  • 8/26 Brad Paisley - Moonshine In The Trunk
  • 9/9 Dustin Lynch - Where It's At
  • 9/9 Lee Brice - I Don't Dance
  • 9/16 Tim McGraw - Countdown To Sundown
  • 9/23 Kenny Chesney - The Big Revival
  • 9/23 Lee Ann Womack - The Way I'm Living
  • 9/30 Blake Shelton - Bringing Back The Sunshine
  • 9/30 Lady Antebellum - 747

*祝* BMR移籍! The Cadillac Three

ザ・キャディラック・スリー(バンド名が変わりました)。
デビューアルバムのUKリリース盤"Tennessee Mojo"がAmazonにて販売開始!